[ 資格なら資格通信 ] 就活・転職・キャリアアップに役立つ資格が見つかる!

商標登録や特許申請を行なう弁理士!独占業務


弁理士



商標登録や特許申請などを行うプロ資格!
近年知的財産の価値がますます上がってきており、特許関連のプロである弁理士は重要な役割を担う
企業間での知的財産をめぐるトラブルは後を経たず、特許申請、商標登録の重要性が再認識されている
企業だけに関わらず主婦のアイデア商品など発案者がいる限り仕事は安定する
理系のあらゆる専門分野に関する試験科目がある超難関資格
独占業務もありニーズも安定している弁理士資格の概要ページ
受験資格 制限なし
受験料 12,000円
申込方法 特許庁、弁理士会などから願書を入手する
書留にて願書を特許庁内工業所有権審議会会長宛へ送付する
詳しくは下記ホームページでご確認ください
申込期間 3下旬~4月上旬
試験地 短答式試験
 仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
論文式試験
 東京、大阪
口述試験
 東京
詳しい試験会場は下記問い合わせ先よりご確認下さい
試験日 短答式試験:5月
論文式試験:6月~8月
口述試験 :10月
試験科目 短答式試験
 ・特許実用新案
 ・意匠
 ・商標
 ・条約
 ・著作権法
 など 論文式試験
 必須科目  ・特許・実用新案
 ・意匠
 ・商標
 選択科目(1科目選択)  ・工学(理工Ⅰ)
 ・数学・物理(理工Ⅱ)
 ・化学(理工Ⅲ)
 ・生物(理工Ⅳ)
 ・情報(理工Ⅴ)
 ・弁理士業務に関する法律
口述試験
 ・特許・実用新案
 ・意匠
 ・商標
おすすめポイント
・独立開業で弁理士事務所を持つことが可能となる
・特許や著作権に関わる業務はこれからも安定的
・独占業務を持ち企業や開発者を守る重要な業務に就ける
合格基準 短答式試験
 総得点の約60~65%以上の得点
論文式試験
 必須科目の合格基準を満たし、且つ選択科目の合格基準を満たすこと
 (毎年変動する)
口述試験
 各科目ごとにA~C判定が行われ、3科目中C判定が2つ以上ないこと
問い合わせ先 特許庁ホームページ
(http://www.jpo.go.jp/indexj.htm)

資格が取得できる学校