[ 資格なら資格通信 ] 就活・転職・キャリアアップに役立つ資格が見つかる!

年金や社会保険のプロに!ニーズの高い人気資格

社会保険労務士

ユーキャンの社会保険労務士講座


年金や社会保険のエキスパートとして常に求められる
受験資格 次のいずれか1つに該当すれば受験できます。
学歴による場合
①大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者
②大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者
③修業年限が2年以上で、かつ、過程の修了に必要な総授業時間数が
 1700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
④個別の受験資格審査により短大卒業と同等以上の学力があると認められる者

資格による場合
⑤行政書士となる資格を有するもの
⑥社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた
 国家試験に合格した者

職歴による場合
⑦労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員または
   従事者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
⑧国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間が通算して
 通算して3年以上になる者
⑨社会保険労務士・弁護士(法人含む)の業務の補助の事務に従事した期間が通算して
 通算して3年以上になる者
⑩労働組合の役員として労働組合の業務に専従した期間が通算して3年以上になる者
⑪労働組合の職員等として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した期間が
 通算して3年以上になる者
受験料 9,000円
申込方法 下記問い合わせ先に願書請求を行う
受験料を郵便局、コンビニで支払い簡易書留で郵送する
申込期間 4月中旬~5月下旬
試験地 北海道、岩手、山形、宮城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、
静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、福岡、熊本、沖縄

試験日 8月
試験科目 ・労働基準法及び労働基準衛生法
・労働者災害保証保険法(労働保険の保険料に関する法律を含む)
・雇用保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
・労務管理その他の労働に関する一般常識
・社会保険に関する一般常識
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
おすすめポイント
・比較的少ない投資で独立開業が狙える!高収入も期待
・エキスパートとして企業からも高評価!就・転職の強い武器に
・超高齢社会に年金不安。社会情勢からニーズは常に揺るがない
合格基準 選択式試験
総得点の約70%で各科目3点以上であること
択一式試験
総得点の約65%で各科目4点以上であること
問い合わせ先 全国社会保険労務士会連合会 試験センター
(http://www.sharosi-siken.or.jp)

社会保険労務氏(社労士)の参考書籍

資格が取得できる学校